カテゴリ:・自分語リ( 25 )

....反省中

コメントいただいているのに放置し過ぎです、私。
とりあえず、ちゃんと見ているくせに....

なんつーか、根が「怠けモノ」なんですな。
それでいて「さびしんぼ」だから、コメント入れてもらって
かまってもらいたいなんて...勝手なヤツですな。

今月は更新は携帯からばかりだったし。
記事数も少ないし。

まあ、だからといって、これから急にマメになるとも思えず(ヲイッ
こんな感じでやっていくんだと思います。

それでいて、なんらかのスイッチ入っちゃえば、ガンガン更新したり、
ムラッけたっぷりな私ですが、今後ともよろしくお願いします。
[PR]
by miepon61 | 2008-02-24 23:11 | ・自分語リ | Comments(14)

3月1日の夜だったな

私が初めてタバコを吸ったのは....

若さゆえぇーー♪(w
[PR]
by miepon61 | 2007-03-01 23:45 | ・自分語リ | Comments(14)

どこにいってしまったのか

好きだったブログがいつのまにか消えていた。
わりと不定期になってしまうと、更新しなかった人だから、
RSSで記事更新が来なくても気にならなかったから...
私のリンク登録はほとんどいつも一杯で(だから公開してないんだが)、
気付くのにいつも遅れてしまう。

ブログ上の付き合いだけだと、これっきりになっちゃうんだろうな。
なんだかちょっとさみしいね。
a0017359_13462463.jpg


(長くなるのでたたみます)
[PR]
by miepon61 | 2006-11-05 13:47 | ・自分語リ | Comments(14)

今日はヒッキー

朝、ゴミ捨てに出てから、一度も家から出てない。
庭には出たか、洗濯干したから。
電話も問合せ1件と、旦那の帰るコールだけ。

夏休みなんだけどさ、一応、たぶん、ちょっとだけ。
でも、大きな課題が私には科されていたり。

休みの日、特に予定がないとハゲシク引き蘢る私。
わりと活動的に見られるけど、そーでもないんだな。

そういえば、頭痛持ちの方って多いんですね。
こんなサイト見つけました。
私、小学校の途中です(笑)

さて、旦那のお迎えにいってきますか。
[PR]
by miepon61 | 2006-09-05 22:39 | ・自分語リ | Comments(14)

頭痛考

私の中の感覚として。

 ----

はじめは「チリッ」とした小さな違和感。
いつもの場所。左目眼球奥のすぐ上あたり。

そしてそれはすぐに押麦のような形状に育って、ぬらりと身をよじる。
硬質なモノではなく、かといってとろけるほどのモノでもなく。

じわじわと大きくなる。
最大値で赤子の舌ほど。

ぐぐぐっ、ぐぐぐっ...と頭の中を締め付ける。
左目だけ涙が出る。

何も出来なくなるほど大暴れをすることはない。
だけど、一度そこに存在すると必ず3日は滞在していく。

対処法は時を待つだけ。
鎮痛剤を投与しても一時のものでしかない。

眠ることで存在を忘れることもできない。
浅い眠りと、さまたげる鈍い痛みと。

食欲も微妙に減退。
水分だけは欲しくなる。

何をきっかけでやってくるのか?
特に法則性はみられない。

天気も、月の満ち欠けも、身体の周期もリンクしない。
仕事の忙しさも、スケジュールの緩急も関係ない。

来てしまったら「あぁ、また来たか」とあきらめるだけ。


 ----


ここ数年はこのパターンが定着しています。
若い頃は吐くほどヒドイ偏頭痛も経験しています。
それに比べれば日常生活できるからましかと。

もともと頭痛持ちではあるんで、慣れっこではありますが、
左頭の上部前半分をパーツとして取り外せたらさぞかし楽になれるだろうと。

頭痛薬は仕事などでどうにもはずせない時だけ服用。
バファリンは私の常備薬です。

今日は3日目。終焉を迎えました。
せっかくお休みだったのに、なんだかな。
天気いまいちだったから、まあいいかと。
[PR]
by miepon61 | 2006-07-25 18:44 | ・自分語リ | Comments(24)

4月が終ってしまいます

a0017359_12181347.jpg

桜咲くイイお天気の日で始まった4月、雨の日も多かったよね。

私の気持ちも晴れたり曇ったり雨が降ったり。
いろいろあったりいたしました。

わりといつも春はなにかと落ち着かない気持ちを抱えてしまう私です。
だけど、今年の春は特に忘れられないかもしれません。

何もしたくないような、何かをして紛らわせたいような。
自分のことなのにわからなかったり、わかりたくなかったり。

だけど、きっとまた日々を重ねていく中で、
この4月がなんだったのか、
やさしい気持ちで振り返る事ができるのかもしれません。

そんなこんなの2006年4月でした。
a0017359_12171432.jpg

[PR]
by miepon61 | 2006-04-30 14:09 | ・自分語リ | Comments(4)

不惑には遠いな

自分をどこに置くべきか?

全てを白日の下に置かなければいけないわけはないし。
自分のメインステージがどこなのかをわかっていれば大丈夫。

居心地のいい場所にぬくぬくとしているだけが安息でもなく。
だけどちゃんと休める場所は必要なんだと思う。

踊らされる側にはなりたくないけど、
誰かを操りたいとは思っていないよ。

じっと待つ事も大切。
待って待って見えてくることもある。

見極める目を養いたいと。
発する言葉を選びたいと。

情緒豊かでありたいけど、感情丸出しとはちと違う。

人生折り返しを過ぎてしまったわけだから、
もう少し「おとな」になってもいいんだぞ。

我が身をあれこれ顧みると、まだまだだなぁーって。

そんなこんなの今日この頃です。
[PR]
by miepon61 | 2006-01-30 00:14 | ・自分語リ | Comments(11)

うまく語りたいわけじゃない

父のコトつらつらと....
かなり入り込んじゃってますんで、
そういうのダメって人は流して下さい。

私のそういうとこ興味ない人はスルーしてね、どぞ。

(まとまるとは思えないし。)
[PR]
by miepon61 | 2006-01-20 01:09 | ・自分語リ

しあわせは

きっとあなたたちのそばにあります。
a0017359_0575881.jpg

おめでとう。
あなたたちの笑顔がまぶしかったよ。

2005年12月3日



[PR]
by miepon61 | 2005-12-11 01:03 | ・自分語リ | Comments(2)

甘い甘い玉子焼き

55aiaiさんとこで「母のお弁当を持って乗車、東京へ」見てたら、
ちょっと語りたくなっちゃった。
a0017359_084412.jpg

私にとっての一番の玉子焼きは、とっても甘いやつ。
だって母の作った玉子焼きがそうだったんだもん。
お弁当のおかずとしては定番だった玉子焼き。
そういえば普段の食卓にのぼることはなかったかも。

なんの工夫もない、ただお砂糖を入れただけの玉子焼き。
だし巻きでも厚焼きでもなかった。
それほど薄くない厚くない玉子をくるくると丸めたもの。
焦げてるところが香ばしかった玉子焼き。

大人になって自分で作ってみても、同じやつは出来なかった。
何が違うのか、どうしたらいいのか、さっぱりわからない。

母にその作り方を聞いたことはなかった。
そういう意味では仲良し母娘じゃなかったし。
なんつーか、長い長い反抗期が終らないうちに亡くなってしまったし。

母が亡くなってもうすぐ11年。
来月は墓参りに行く予定。

特に料理が上手って人じゃなかった母。
大量の料理を作るのは得意だったな。
家族多かったし、給食のおばさんやってたし。
出汁をとるとか、面取りするとか、見たことないし。

私がまともに料理を作るようになったのは結婚してから。
わからんことあると、よく姉に電話して聞いてた。
すっごいくだらないことも。
(とうもろこしをゆでるのは水からかお湯からか?とか)

母に聞くことはなかったなぁ...
今さらだけど、玉子焼きの作り方だけは教わっておくんだったな。

なんかちょっと....おセンチになってしまったよ。

てへへっ...
[PR]
by miepon61 | 2005-09-24 00:03 | ・自分語リ | Comments(6)