人気ブログランキング |

みぃのその後

みぃの子猫は暫定的に「すけ」「かく」「はち」と
名付けられた。(出典は言わずと知れた「水戸黄門」)

黒猫の「すけ」と「かく」は貰い手がついた。
そしてみぃによく似た「はち」だけが残ってしまった。

はちが半年くらいになった夏の終わり頃から
みぃの様子がおかしくなった。

はちに対して嫌悪を示すようになったのだ。
いわゆる「子離れ」の時期だったんだろう。

はちは甘えたくてしかたないのにみぃがそれを許してくれない。

そしてみぃは餌の時以外は家に寄り付かなくなった。

すぐ側に私の姉が住んでいて、(そこもマンションの1階)
ベランダからみぃがよく遊びに来ていた。

「みぃ、何しにきたの?」とやさしく迎えてくれる姉のうちは
みぃにとって絶好の「別宅」だったようだ。
姉の家に来るとみぃは安心しきったようによく寝ていた。

そして秋も過ぎ、寒くなってきた頃、
みぃは全く家に帰らなくなった。

マンションの周りの植え込みや、近くのスーパーの駐車場で
時々みぃを見かけた。

「みぃ?」と声を掛けるとちょっと低いしゃがれ声で返事をする。
そして側に寄ると撫でられて咽を鳴らしていた。
「寒いんだからおうちに帰りなよ」と言っても
目を細めているだけだった。

.....そしてみぃは姿を消してしまった.....

願わくば愛想のいい人なつこい猫だったみぃ
誰かの元で幸せに暮らしていますように

「大好きだったよ、みぃ


----------------------

これも私の放置状態のHPでくぅとのことを綴ったモノの転載です。
1998年に書きました。
by miepon61 | 2004-11-06 01:09 | ・ヨソンチ猫トカ | Comments(6)
Commented by gem12_5 at 2004-11-06 12:15
みぃちゃん、家猫から外猫に逆戻りですか??!
事故とかなにかで帰れなくなった猫さんの話は聞きますが、
自律的に出て行った猫さんの話は初めてです。
よほど独立心の強いにゃんだったんですねぇ~
Commented by くろ at 2004-11-06 20:36 x
みぃちゃん、はちちゃんを独り立ちさせるために自分が去っていってしまったの? いやだぁ〜、そんなのいやだよぉ〜、かえっでぎでぐで〜!
Commented by cnabkam at 2004-11-06 23:21
やっぱり、母猫は仔猫を一人立ちさせる為に
縄張りを離れる(餌場と寝床の確保ができてから)って
聞きます。みぃちゃんもそうだったのではないかな。
うちの「くんた」の母猫もくんたの兄妹が1歳になる前に
この辺りから去って行きました。
仔猫たちの餌場(私の家です)ができたからなんだと
思っています。「あずき」の母、クリームも、
あずきが10ヶ月くらいになった途端、来なくなって
しまいました。
母はいろいろ考えるのでしょうね。
だから子育て中の野良猫母さんはたくましく好きなんですが。
Commented by miepon61 at 2004-11-07 02:08
△gem12_5さん
みぃはすごく人なつこいコだったんで、外でも暮らして行けたんだと思います。
きっとくぅだったら絶対ダメだったことでしょう。

△くろさん
はちを寄せつけないみぃの姿は、なんとも切なかったです。
すごく愛情深いコだったんで、どーしちゃったのかと思いました。
帰ってこなくてさみしかったです。
Commented by miepon61 at 2004-11-07 02:12
△しなぶ〜さん
子どもに餌場を残して去る母ネコの話はききますよね。
みぃの子「すけ」も、そうだったと後でききました。
でも、昔実家に餌を貰いに来ていた野良ミケは、子猫を蹴散らして
餌をとっていましたが....そっちのほうが珍しいのかも。
Commented by yueruna1005 at 2004-11-08 00:09
愛情深いからこそ、去ってしまったのですね…。
今まで猫の親子を間近で見た事がなかったので知りませんでした。
あ、でもダンナの実家は、母猫タマちゃんが家に残って、
子供のマルちゃんがいなくなったみたいです…。
(マルちゃんは男の子だったので、野良化してしまったようです。)
にゃんの親子関係も、きっと色々なんですね。
<< 小さな庭の小さな秋 1 姉んちのコたち >>