<   2004年 10月 ( 41 )   > この月の画像一覧

ふたつ買いました。

一昨日、仕事の後に友だちと会う約束。
月末だったんで、時間がおして、すでに遅れ気味。

いつもとは違う駅に向かうため、
いつもとは逆の方向に歩く。

輸入家具と雑貨のお店があるんだけど、
そこの小物がなかなかステキなのだ。
遅れてるくせに、店先に並んだものに目がとまる。
a0017359_23414143.jpg

これは何?
白いワイヤーと細いワイヤー、ビーズがちりばめられた「ナニカ」。
時節柄クリスマスツリー?

お店の人にきいてみたら....
[PR]
by miepon61 | 2004-10-31 23:52 | ・オ気ニ入リノ | Comments(3)

くぅの大好きな花

mirura_houseさんの「鼻 into 花。」にトラバ。
a0017359_1358635.jpg

去年のホワイトデー。花束が届いた。
私にまとわり付いてにゃあにゃあうるさい黒猫。
a0017359_13595771.jpg

床に置いて「いいだろ〜」と言ってみる。
もう私のことなんか眼中にない黒猫。
a0017359_141433.jpg

でもそれは、キミのモノじゃないんだよ。
ましてや、「ご馳走」じゃないんだってばっ...!!!!!

もちろんこの後、すぐに花束はくぅの手の届かないところへ・・・

----------------------------------

わが家では花は飾れません。
特にカスミ草が入ってたら、絶対にダメです。
花は人間サマが在宅かつ監視出来る時のみ飾ることができます。

カスミ草が大好きなくぅです。

でも、ゲボしちゃうだけなんですがね....
(前に一度猫トイレ片付けの際に、
うんちょすからちょこんとカスミ草が飛び出て咲いてたことがありましたが)

[PR]
by miepon61 | 2004-10-30 14:11 | ・イトシキ黒猫 | Comments(14)

くぅとの出会い(その4)

預かってきた二匹の子猫はまったく正反対の性格だった。

オルカ猫のほうはすぐに慣れて、
傍若無人といいましょうか天衣無縫といいましょうか(笑)
部屋の中を我が物顔に探検してまわっていた。

黒猫のほうは椅子の下に隠れてじっとして出てこない。
そしてオルカ猫がちょっとでも見えなくなると情けない声で鳴いていた。

それでもようやく慣れてきた二匹は餌を食べて、遊んで、
それから二匹で寄り添って丸くなって寝ていた。
トイレも急遽作ったものにちゃんとしてくれたし、
なかなか手のかからない賢い子たちだった。

一晩わが家で過ごした翌日、猫を見に兄嫁が来た。
猫好きな彼女はどちらかを貰っていくことにした。

最初は黒猫のほうが目をひいたが、
性格からしてオルカ猫のほうがいいだろうということになった。
兄の家は子どもが4人いたから、線の細そうな黒猫は無理だったのだ。

「みぃ」と名付けられた子猫はわが家でシャンプーして
おめかしして兄の家に貰われていった。

そして黒猫はひとりぼっちになってしまった。

ひとりで過ごすのが寂しかったのかおどおどと私に甘えてきた。
膝の上に丸くなる小さなぬくもりがやけに愛おしかった。

約束の二晩をわが家で過ごして翌日の午後、黒猫を返しにいった。

ちょうどその頃母の死後のドタバタが終わったところで
私の中にポカンと空虚なものがあった。
そんな時に共に過ごした子猫のぬくもりが忘れられなかった。

二日後の土曜日の夕方、私は黒猫を迎えにいった。

1994年12月11日、「くぅ」はうちの子になった。


----------------------

これは私の放置状態のHPでくぅとのことを綴ったモノの転載です。
1998年に書きました。
----------------------

*追記*どうやらこれが、私の200コ目の記事だったようです。
これからもよろしくお願いいたします。
[PR]
by miepon61 | 2004-10-29 00:58 | ・イトシキ黒猫 | Comments(15)

くぅとの出会い(その3)

その年の11月半ばに私の母が亡くなった。
葬儀やらなにやらで2週間ほどお店には行けなかった。

ひさしぶりに行くと子猫は2匹になっていた。
そしてくろさんはそろそろ次のさかりが始まりそうな気配だった。

主に面倒をみていた夫婦が本格的にくろを飼うことになって、
ならばくろに避妊手術をしてしまおうということになった。

通常飼い猫であれば雌の場合1泊入院なのだが、
半野良猫のくろの場合は「食事を抜く」というのが不可能なので
2泊させなければならなかった。

まだちいさい子猫たちを二晩もどうするのか??

私はその子たちを預かることにした。
くろが病院に行った後、夕方近くなって子猫たちを迎えにいった。
人なつこいオルカ猫のほうはすぐにつかまったが、
臆病な黒猫のほうはなかなか出てこなかった。

やっとつかまえた2匹の子猫たちをかかえて私は家に帰った。

それがくぅとの蜜月の始まりだった。


----------------------

これは私の放置状態のHPでくぅとのことを綴ったモノの転載です。
1998年に書きました。
[PR]
by miepon61 | 2004-10-29 00:46 | ・イトシキ黒猫 | Comments(0)

くぅとの出会い(その2)

子猫たちの姿はなかなか見ることができなかった。
とっても警戒心の強いくろは、それを許してくれなかった。

彼女たちの住まいのプレハブ小屋は沢山の荷物が入っていたから、
隠れて暮らすには絶好の場所だった。

くろが外出中にプレハブを覗いて耳をすませてみても
眠っているのか上手に隠れているのか気配も感じられなかった。
ただ猫の臭いがこもっているから確かにそこにいたんだろう。

子猫たちが外に出るようになったのは、生まれてひと月程たってからだった。
生まれた子猫は4匹。どれも雌猫だった。

白黒のオルカ猫が3匹(そのうち2匹が鼻のまわりの黒いやつ)、
そして母猫に似た黒猫が1匹だった。

鼻黒じゃなかったオルカ猫(私はその子猫をみていないのだが)は
一番最初に貰われていった。

3匹になった子猫たちはそこらで楽しそうに遊んでいた。

その中で一番臆病で元気がなかったのがくぅだった。


----------------------

これは私の放置状態のHPでくぅとのことを綴ったモノの転載です。
1998年に書きました。
[PR]
by miepon61 | 2004-10-29 00:24 | ・イトシキ黒猫 | Comments(0)

くぅとの出会い(その1)

そもそもくぅと出会ったのはいつだったんだろう?

くぅの母猫の「くろさん」は飼い猫あがりの野良猫(流れ猫)だった。
その頃私が半ボランティアで週一回働いていた障害者のお店の近辺に
いつのまにか居着いていた。

すでにお腹の大きかったくろはみんなから餌を貰っていた。
私もよく昼食に買ったパンをわけてあげていた。
お腹のすいている時だけはとっても愛想のいい猫だった(笑)。

彼女の寝床&お産場所として提供されたのは倉庫兼物置きのプレハブだった。
いったいいつ子猫がうまれるのか?
みんな楽しみにして待っていた。

ある日お店にいくと「子猫がうまれたよ」って...

勿論まだ誰も見ていない。くろが見せてくれない。
プレハブの中の様子をうかがっても生まれたばかりの子猫の声は
とてもちいさいからか、何も聞こえない。

ただ、くろのお腹がへこんだ事で「子猫の誕生」を知った。

1994年10月10日、その日がくぅの誕生日。


----------------------

これは私の放置状態(笑)のHPでくぅとのことを綴ったモノの転載です。
1998年に書きました。
[PR]
by miepon61 | 2004-10-28 23:57 | ・イトシキ黒猫 | Comments(2)

涙雨

お通夜でした。
........せつなかったよ。

そっか、あれから6年半も経ってたんだ....

棺に納められたお顔を見てから帰って来た。
すごく痩せてちいさくなってしまっていた。

65歳、闘病の末の帰天。
でももう、苦しむことはないんだから。
[PR]
by miepon61 | 2004-10-26 21:55 | ・ナガレル日々

欲しかったんだもん♪

『鳩三郎』
a0017359_2218563.jpg

鳩サブレーの豊島屋本店のみ限定販売品。
ちょっと前にこれの話はきいていたんだが、鎌倉に行く機会もないし。

会社の隣の席のコが、先週末鎌倉に行くときいてお願いしちゃった♪

キーチェーンです。
もちろん食べられません。

さっそく・・・・
[PR]
by miepon61 | 2004-10-25 22:25 | ・オ気ニ入リノ | Comments(12)

地震です

昨日からゆらゆらゆらゆら....
『新潟県中越地震』と命名されたようですね。

私は両親が新潟出身なので、親戚も多数おります。
直接の被害はなかったようで、安心しておりますが。
ライフライン等の被害甚大ゆえ、これからの日々はどうなることでしょう。
それほど密に付き合いをしておりませんが、何か出来るのであれば。

私自身も新潟で生まれました。
4歳の頃、父の仕事の都合で埼玉に越して来て、
それからほぼずっとこの辺りに暮らしております。

でも、昭和39年の新潟地震はうっすら記憶に残っています。
(2歳半の記憶なんだ...と、今さら確認しておどろく私)
    ↑あっ...年齢バレるって...(笑)

友だちの家に遊びにいってたようで、慌てて外に連れ出されたらしい。
家屋の揺れは身体の感覚としては覚えていないんだが、
視覚の記憶は「風景がブレていた」というかたちで残っている。
恐怖の感情はなかった。ただ慌てて連れ出されたため家の中に残してきた
傘だか靴だかを心配して泣いた覚えがある。


ほんの断片的なそれだけの記憶。


-----------------------------------------------------
今回の地震でお亡くなりになった方の御冥福と
一日も早い当地の復旧を心からお祈りします。
[PR]
by miepon61 | 2004-10-24 15:36 | ・自分語リ | Comments(4)

勝ち!

終ってみれば67-14、サンゴリアス快勝!!
豪快というか大味というか....
でも、見ていて楽しかったからよし!!
a0017359_14165064.jpg

勝利の後、スタンドに挨拶する選手たち。
笑顔がイイよね(^^)
a0017359_1420139.jpg

これから地方の試合が続くんで、もう観に行く機会がないかも。。。
(最終節1/8の味スタに行きたいと思案中)

んで....今日の収穫
[PR]
by miepon61 | 2004-10-23 21:35 | ・スポ観戦トカ | Comments(0)