タグ:本 ( 9 ) タグの人気記事

秋葉原は

a0017359_17293065.jpg

会社から近いくせに
なかなか来られなかったんだよ

「ヨウカンらぶ」の私のくせに!

@有隣堂 ヨドバシアキバ店
[PR]
by miepon61 | 2008-11-07 17:29 | ・ナガレル日々 | Comments(0)

「猫語の教科書」

a0017359_12454530.jpg

いまさら読了。
(しかも貸してもらった本だし)

ポール・ギャリコは一時期好きで、
他はあれこれ読んだのですが...

原題の「THE SILENT MIAOW」の方が好きだな。

猫のそれには、たまらないものがあります。
[PR]
by miepon61 | 2008-09-09 12:45 | ・猫モノ猫コレ | Comments(2)

【この夏のいろいろ・その6】読書の酷暑2

本読みの勢いがついたところで、
旦那に「何か面白い本はないか?」と。
そしたらこれを渡された。
a0017359_212516.jpg

「楊家将(上・下)」北方謙三(PHP文庫)

中国歴史小説なんて、読むなんて考えたこともなかったよ。
ましてや北方謙三なんて・・・・と(失敬なヤツ

でも、面白くて、一気に読んでしまった。

んで、どうやらも読んで面白かったらしく、続編を買ったというので借りました。
(わが家は文庫になったら買うと旦那が言ってたが)
「血涙(上・下)」(PHP研究所)

これも一気に読みましたよ。
「楊家将」で気になっていた人のその後が知りたくてぐいぐいと。

そして、今は「水滸伝」(集英社)に突入中。
旦那が何年かかけて全19巻揃えていたんで、ラッキーなことに一気読みできます。
今は7巻目です。

このまま「読書の秋」に突入の予感(w
[PR]
by miepon61 | 2007-09-12 21:12 | ・ナガレル日々 | Comments(4)

【この夏のいろいろ・その2】読書の酷暑1

この夏は暑かったのに、やたら本を読みました。
a0017359_1530476.jpg

そのきっかけだったのがこの本。
「獣の奏者」上橋奈緒子(講談社)

それから彼女の「守り人」シリーズを一気に読みましたよ。
文庫になっているのと軽装版になっているのは購入。
なっていないのは姉が図書館勤務なので予約入れて借りました。

旦那のススメで読み始めたんですが、途中で追い越しました♪

「精霊の守り人」(新潮社文庫)
「闇の守り人」(偕成社 軽装版)
「夢の守り人 」(偕成社)以下全て
「虚空の旅人」
「神の守り人 来訪編 」
「神の守り人 帰還編 」
「蒼路の旅人」
「天と地の守り人 ロタ王国編」
「天と地の守り人 カンバル王国編 」
「天と地の守り人 新ヨゴ皇国編 」

偕成社の出版物というところからジュブナイルなのはわかるかと思いますが、
子供向けにしておくのは勿体ないです!
最後の巻が出たのが今年の春なので、運良く全編通して読むことが出来ました。
今まで知らなかったのが、よかったのか悪かったのか・・・て感じです(w

 ----

「狐笛のかなた」(新潮社文庫)もよかった。ちょっとせつないお話かも。
[PR]
by miepon61 | 2007-09-09 16:26 | ・オ気ニ入リノ | Comments(2)

蔦のからまる

a0017359_17202855.jpg

今日はここで、
谷川俊太郎さんにお会いしました。

 ---

姪に誘われて谷川健太郎さんの「詩を読み、語る」という講演会。
立教大学文学部100周年イベントの中のひとつでした。

とても濃くて素敵な時間でした。

帰宅して、谷川さんの著作をアマゾンでポチッてみた。
何冊かは持っていたのですが。

(それが届いたらまたあらためて記事あげるかも...)
[PR]
by miepon61 | 2007-06-09 17:20 | ・ナガレル日々 | Comments(12)

げどげっと♪

a0017359_23451838.jpg

今日から配布。
欲しかったんだもん♪

会社の近くのTU○○YAで。
(店員の対応にちょっとムッとしたり)

 ----

同じ色を手に入れたセットの様な存在の彼女にトラバ!

(酔っ払いは携帯で記事をとばして手抜きします)

 ----

同じくこのフリペを手に入れた赤い仲間の彼に追加トラバ!
[PR]
by miepon61 | 2007-06-06 23:45 | ・ナガレル日々 | Comments(8)

「夏の庭」(VHS)

会社の同僚に頼まれて探したビデオ。
1994年作製の映画で、95年にビデオが出ていたらしい。
買おうと思ったら廃盤で取り寄せ出来なかったんだって。
a0017359_133567.jpg

探して調べている時に興味を持って、原作本を貸してもらった。
とても心にしみるお話でした。
泣いちゃったし。

映画化されたこの作品は、別物として考えればいいと。
消えてしまったエピソード、加えられたエピソード、
それがいいとか悪いとかじゃなくて。

ヤフオクで探して、1コ目は高くなり過ぎて断念。
2コ目でゲットしたのは連休直前。
送料等入れて4000円弱。速やかに届きました。

先に観ていいと言われて、今夜鑑賞しました。
やっぱり泣いちゃったし。
[PR]
by miepon61 | 2005-09-29 22:50 | ・オク様ノオ買物 | Comments(2)

名前の由来は

わが家の黒猫は『くぅ』という名前です。(何を今さらあらたまって...)
実はこの名前パクリなんです。

自分が猫飼うことになるなんて、思いもしなかった頃。
当時職場の後輩が猫を常に飼っていたコで、そのコのうちの黒猫の名前。

それが、ちゃんと出典があったんですよ。
a0017359_121368.jpg

松谷みよ子さんの「ちいさいモモちゃん」シリーズ。

モモちゃんのうちには「プー」という黒猫がいます。
そのコは最初「クー」だったんです。
a0017359_1232515.jpg

モモちゃんのおかあさんがつけたのは「クー」という名前。

    まっくろけの クー でしょ
    クマちゃんみたいな クー でしょ
    くいしんぼうの クー でしょ

a0017359_1264484.jpg

でもね、モモちゃんは「クー」じゃなくて「プー」と呼んだんだけど。

            --------------------

黒猫をわが家に迎えることになった時に、まっ先に浮かんだ名前がそれだったの。
(わが家の黒猫の場合はひらがなで『くぅ』になりましたが)

勿論、その後輩には「あぁ〜〜っ」って言われましたが(^^;;

            --------------------

だから、ちょっと驚いたんですよ(笑)>cibifigaroさん
[PR]
by miepon61 | 2005-05-10 01:10 | ・イトシキ黒猫 | Comments(20)

.....うそっ....(泣)

らもさん死んじゃったの???


.....すっごくショックなんですけど。


-----------------------------------------------

a0017359_034093.jpg追記

先日catnap_mさんとこで紹介されてて、
そのすぐ後にこの本を買って、
ゆうべ読み終わったところでした。

らもさんの本はわりと沢山あると思う。
(夫が好きなんです)
私ももちろん読んでました。

とにかく悲しい。なんとも悲しい。
(今、ちょっと混乱しております)

らもさんの御冥福をお祈りいたします。
[PR]
by miepon61 | 2004-07-27 23:26 | ・オ気ニ入リノ | Comments(4)